野良猫の耳が切れてるのはなぜ? 地域猫 in 仙台市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

耳がV字に切られた野良猫を見たことはありませんか?

猫の耳カット、調べてみたら実は怪我やイタズラじゃなくて、ちゃんと意味のあるものだったんです。

この記事では、野良猫の耳カットの理由と仙台市の「地域猫」の取り組みを調べて、いろいろ考えたことをまとめてみました。

野良猫に餌をやる隣人、トイレと化す我が家の庭

隣人のおばあさんは、野良猫にエサをあげています。

「本当はダメなんだけど、私が世話しなかったらこの子たちどうなってしまうのかと思うと…ぐすん」

と、大変に可愛がっていらっしゃるので、「住み着かれると困るので餌をやらないでください!!」と強く言うことは、私にはできません。

たとえ、我が家の庭がトイレににされてオシッコ臭くなろうと、庭木が枯れようと、屋根裏に入り込まれてドタドタ騒がれようとも・・・(泣)

誤解のないように、私は猫はだ〜い好きです!! 実家で飼っていたこともあります。

見てると癒されますし、ときどきプレゼント(小鳥とかモグラとかの獲物)も持ってきてくれるし、可愛いから別にいいんですけどね。

野良猫の耳が切れてるのはなぜ?!

そんな近所の野良猫たちなのですが、よーく見たらみんな耳の先っちょがちぎれてることに気がつきました。

耳がカットされて欠けた猫

最初はケンカでもしてケガしたのかな?と思いました。

しかし、よく見かける2匹とも左耳のまったく同じ場所が切れています。

さらに、もう一匹、こんどは右耳が同じように欠けてる猫を発見!

耳が切られた猫

これは、事件の匂いがします! 動物虐待か?!

・・・と思いきや、実はそうじゃなくて野良猫を地域で保護する活動の一環だったようです。

調べてみたら、こんなことがわかりました。

野良猫の耳カットは「避妊・去勢手術済み」の証

野良猫の耳カットの意味は「この猫は避妊・去勢手術してありますよ」というサインなのだそうです。

仙台市には、飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の一部を助成する制度があります。

粗悪環境で生息する猫を保護し、不妊施術(避妊・去勢)等によって繁殖を制限するとともに従順化を促し、しいては家庭猫としての引き受け手(里親)を探すことは、公衆衛生上のみならず動物愛護の観点からも不可避と考えられます。

従って、飼い主のいない猫を保護し、当獣医師会会員病院いおいて避妊あるいは去勢施術を施した場合に一定額を助成し、飼い主のいない猫の社会復帰を助成する。

(中略)

病院はリーダーを用いてマイクロチップが埋蔵されていないことを確認した後、施術(避妊・去勢)を実施し、耳カットを行う。(雄は右、雌は左)

飼い主のいない猫の社会復帰事業要領」より

夫婦だと思ってた近所の2匹はどっちもメスだったのが衝撃!!

このような助成が行われるようになった背景にあるものは、「殺処分かわいそう問題」でした。

「地域猫」仙台市の活動

仙台市では、猫の譲渡を積極的 に行って、新たな飼い主を見つけているものの、やむなく猫を処分せざるを得ない状況が続 いているそうです。

野良猫にどんどん子猫が生まれると、ゆくゆくは殺処分されるかわいそうな命が増えてしまうのです。

そこで、野良猫が繁殖するのはよろしくないけれど、いま生きてる猫は地域のみんなで可愛がろうよ!という「地域猫活動」が推奨されています。

地域猫活動とは

猫による地域の生活環境問題に対して、地域の皆さんの協力をいただき、人も猫も 住みやすい生活環境を作るための過渡的な取り組みとして「地域猫活動」も有効です。

具体的には、不妊・去勢手術を実施し、適切な食事を与え、トイレ等の環境を整え、 周辺の清掃等を行うことにより、一代限りの命を全う出来るよう地域で管理すること
です。

仙台市『飼い猫』と『飼い主のいない猫』の適正飼育ガイドラインより

つまり、個人で勝手にエサだけやって野良猫を増やすんじゃなくて、地域の人の了解を得てちゃんと避妊とかトイレの管理もしていきましょうよ、ってことですね。

どうやら、隣のおばあさんは猫にエサをやるだけじゃなくて、繁殖しないように手術も受けさせていたようです。

しかし、もうひとつの懸念が・・・。

地域猫は死んだら誰が処分するの?

地域猫を暖かく見守るのはやぶさかではないのですが、地域猫が死んだときの処理はどうするのでしょうか?

うちの庭とか天井裏が猫の遊び場になっちゃってるのですが、もしもうちの敷地で死なれたら?

仙台市のガイドラインには特に死んだときの扱いが書いてなかったのですが、広報のよくある質問ページに記述がありました。

質問
鳥や獣の死骸があるがどうしたらよいですか。

回答
自宅の敷地内等で鳥や獣の死骸を見つけた場合は、原則としてご自身で処分していただくことになりますので、家庭ごみとして出されるか、ペット斎場(電話番号:022-373-7469)にご相談ください。また、道路上など公共の場所で動物の死骸を見つけた場合は、それぞれの管理者(各区道路課、公園課等)までご連絡ください。

ええー、猫の死骸を家庭ごみに出していいの? と思ったのですが、鶏肉とか豚肉とか腐らせちゃったのも家庭ゴミだからいいのか。そうなのか。

ペット斎場に引き取ってもらうのはお金がかかるんでしょうか?こちらは現在調査中です。

いずれにしても、願わくば、なるべくウチの敷地じゃないどこかで最期を迎えて欲しいです。

薄情だけど、飼ってるわけでもないのに正直めんどくさいです。ごめんなさい。

地域猫の気持ちを考えてみる

地域猫活動って、バンバン殺処分するよりはいいと思うんですけど、猫からしたら知ったこっちゃない迷惑な話ですね。

もしも、ですよ。人類よりも高度な宇宙人か何かが、人を管理しようとしていたとしたら…。

「人間が繁殖しすぎて地球が荒らされてるから、数を減らさなきゃ。でも、殺すのは可哀想だから避妊してまた社会復帰させてあげよう」

とか言って、いい事してやったぜ的なドヤ顔してたら、はあー?!って思いませんかね。

食うや食わずの劣悪な環境で子供を産んでも殺されるかもしれないのと、捕まえられて生殖能力を奪われるけど死ぬまで食べ物をもらえるのと。

どっちか好きな方を選べと言われても、私は両方とも嫌だなあ。猫には選択肢すらないけれども。

それを言い出したら、そもそもペットとして飼われること自体がどうなんだろう。

少なくとも、近所の「地域猫」たちは、隣のおばあちゃんにエサもらってお腹いっぱいで、日向ぼっこして、とても穏やかで幸せそうに見えます。


まとめ

飼い主のいない猫を捕まえて避妊・去勢手術をして、地域で管理する「地域猫」の取り組みが仙台市でも行われています。

野良猫の耳がV字に切れているのは、避妊・去勢手術済みの目印です。

猫は余計なお世話と思ってるかもしれないけれど、地域住民に愛されてなるべく幸せに寿命うを全うしてくれたらいいですね。

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*